FC2ブログ

記事一覧表示

DSR-係数を必要なのだけ設定したら「ディスプレイドライバが応答を停止しましたが、正常に回復しました」が無くなった。

最近ふと気づいた事。

NVIDIA DINAMIC SUPER RESOLUTION(DSR)を使用していて画面の大きさを頻繁に変更する所為か解像度を変更してゲーム等のDirectXの機能を使っていると1日に1回から数回程度「ディスプレイドライバが応答を停止しましたが、正常に回復しました」が起きる事があった。
起きるのは画面の大きさを戻した後と2度目の起動以降が多いからそんなに気にしていなかったけれど何度か起動するから問題だった。
解像度を変更する際に使わない画面の大きさの値が多いから何となく目障りなのと間違えて選択する事があったからどうにか出来ないかと思っていた。

そこで最近DSR-係数の項目を1.78, 2.25, 4だけにした所、良く見る値だけになり使いやすくなった。
そしてある事に気づいた、「最近ディスプレイドライバの応答停止と回復が出なくなった」。
内部処理はわからないけれど1.78, 2.25, 4以外を無くした事で余計な処理をしなくなったのだと思う。
切りの良い画面の大きさにならない数値がある場合は何らかの処理をしている際に計算結果でエラーが出るんじゃないかなと思った。

3840x1920以外は使わないから4だけにするのが一番良いと思うけど上の3つで出なくなったからあっても問題は無いのかな。
関係ない人もいるかもしれないけど。


1週間ほどしたらまた発生するようになった。
ブラウザのハードウェアアクセラレーションを切ると大分減った。
関連記事
 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アメリア(ameria)

Author:アメリア(ameria)
シップ3。
PSO2ブログへようこそ!

画像は右クリックから表示か画面拡大すると大きくできます。
PSO2特殊能力追加.xls
PSO2AutoWord.xls
Youtubeチャンネル
PSOアルティメット洞窟

検索フォーム

カテゴリ

瞳 (9)

最新記事

ゲーム画像について

(C)SEGA
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/